スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/07 欧州危機の本質:森永卓郎

ヨーロッパは金融の面、資金繰りの面では危機だが、借金をよけておいて基礎的財政収支を見てみると全く赤字を出していない。

基礎的財政収支のGDP比は、イタリアは4.3パーセントの黒字だ。日本イギリスアメリカは赤字だ。国際金融資本がヨーロッパに狙いを定めて「売り」のトレンドをかけている。

財政の構造的には悪くない。資金繰りの危機が去った後は回復するだろう。

やるべきことは財政の健全化よりも、投機資金の動きをおさえることの国際協調を優先したほうがいいと思う。

経済アナリスト 森永卓郎(もりなが・たくろう)さん

amazon リンク:森永卓郎の本
感想
 確かに、タイの通貨危機の時には何とか言う国際金融資本が通貨の先物に大量の売りを浴びせて暴落させて大儲けした。会社が国を売り叩いて利益をだすようなことが出来ないように国際協調してもらいたい。
 いつもながら森永卓郎さんの第一声は軽い。鋭い分析がその後に続くとは思えないくらい(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

2011/09/09 Fri 格差社会と公務員人件費:森永卓郎

 格差社会は小泉内閣のときに大きな社会問題となってきたといわれてきた。格差大の動きはその後も続いている。企業に聞いてみると圧倒的に「人件費の軽減」だという。正社員を減らしてリストラし、非正社員を増やしている。

 非正規社員の月給は15万円くらい。公務員の給与は正社員の給与を考慮して決められている。非正社員を含めると公務員の給与は21%くらい下がる。さらに零細企業まで含めたオールジャパンの給与で公務員の給与を決めると現状から35%下がる。こうすると増税しなくて言い。

 公務員の給与を下げると仕事に関するモチベーションが下がることも考えられるが、地方では公務員の給与は民間の2倍から3倍になっている。給料が下がってもがんばって働くという人を公務員として雇うというぐらいのことでもいいのではないか。

 国家公務員法で世の中の常識に合わせるということだ。



経済アナリスト 森永卓郎(もりなが・たくろう)さん

amazon リンク:森永卓郎の本
感想
 私は田舎出身だが、確かに公務員の給与は民間に比べて高い。昭和30年代から昭和40年代前半までは、子供心にも田舎でも公務員の給与は高くなかったように思う。赴任してきた教員には村人が何くれと援助をしていたものだ。それが高度経済成長期が終わるころには田舎での民間給与を追い越し、不況知らずの安定高給をもたらす仕事になってしまった。
 税金は取れるところ(立場の弱い者)から取るのではなく、あるところ(金を持っているもの)から取るべきだろう。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

2011/08/12 金曜日 世界同時株安を読み解く:森永卓郎

 株安が一番深刻なのはアメリカだと思う。格付け会社がアメリカの国際をAAに格下げした。アメリカの経済、財政赤字はは意外に悪い。

 リーマンショックを境にドルは円に対して4割も安くなったが、アメリカが売るものはロケットやソフトウェアなどのように安くなったからよく売れるようなものではない。産業構造が変わっているのでドル安誘導で輸出が増えるというシナリオは崩れた。

 (今のドル安は)ドルが基軸通貨から降りていく過程なんじゃないかと思う。個人的には次はユーロが基軸通貨になるんじゃないかと思う。ユーロの国はプライマリバランスは悪くない。また。ものづくりも残っている。

 日本はドル機軸という考え方を変えるべきではないか。大きな歴史の変化が起こっていると考えるべき。変わらないとアメリカと道連れになって没落するのではないか。

経済アナリスト 森永卓郎(もりなが・たくろう)さん


感想
いずれ国際通貨体制は、ドルとユーロに人民元を加えた 3基軸通貨が中心になるだろう。そしてそのあとはユーロが全世界で人民元が東アジアで基軸になるかもしれない。そうすねと日本円は中国の経済圏に含まれていくだろう。中国が成長安定すると言うことは周りの少数民族国家はそれに従うことにより自国の安定を図らざるを得なくなる。歴史は繰り返すだろう。私の目の黒いうちにそれを見ることができるかわからないが。


Amazon リンク:森永卓郎の本

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。