スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/07 欧州危機の本質:森永卓郎

ヨーロッパは金融の面、資金繰りの面では危機だが、借金をよけておいて基礎的財政収支を見てみると全く赤字を出していない。

基礎的財政収支のGDP比は、イタリアは4.3パーセントの黒字だ。日本イギリスアメリカは赤字だ。国際金融資本がヨーロッパに狙いを定めて「売り」のトレンドをかけている。

財政の構造的には悪くない。資金繰りの危機が去った後は回復するだろう。

やるべきことは財政の健全化よりも、投機資金の動きをおさえることの国際協調を優先したほうがいいと思う。

経済アナリスト 森永卓郎(もりなが・たくろう)さん

amazon リンク:森永卓郎の本
感想
 確かに、タイの通貨危機の時には何とか言う国際金融資本が通貨の先物に大量の売りを浴びせて暴落させて大儲けした。会社が国を売り叩いて利益をだすようなことが出来ないように国際協調してもらいたい。
 いつもながら森永卓郎さんの第一声は軽い。鋭い分析がその後に続くとは思えないくらい(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

2011/10/5 Wed 原発再稼動は出来るのか:金子 勝



そもそもどれだけ電力が必要なのかはっきりしていない。また、放射線の安全基準がころころ変わる。根拠もはっきりしていない。日本の米の安全基準はチェルノブイリ事故がおきたベラルーシの小麦の10倍だ。

原子力安全委員会は事故を引き起こしたり情報を開示しなかったりした当事者であり、ストレステストをしても信頼されない。

普通に考えるといい。透明な手続きだ。情報を全部出して原発に批判的な専門家を入れて公開で住民に丁寧な説明をすることが必要だ。



慶応義塾大学教授 金子 勝(かねこ・まさる) さん

amazonリンク:金子勝の本
感想
原発はアメリカの一企業が売り込みをかけて日本の大新聞と原発の利点を強調したキャンペーンを行った。その結果日本は原発を受け入れた。単なる企業の利益のためだけにこれだけの国民的負債を負わされたことをよくよく考えるべきだろう。一部の人間のキャンペーンまがいの情報でなく、せめて科学的な多方面からみた情報を国民が知ることが出来るようにすべきだろう。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
09 | 2011/10 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。