スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸富徹(もろとみ・とおる):地球温暖化対策としてのコンビニ深夜営業規制について 2008/8/5

要約:京都市が実施しようとしているコンビニ深夜営業規制は地球温暖化対策としては大きな効果は無い。実験的に京都市の町づくりの一環としてコンビニが自発的に営業規制をして見るのが良い。


京都市が実施しようとしているコンビニ深夜営業規制ですが、温暖化対策として果たして有効なのかどうか、この点をどう見ていますか?(浜中アナウンサー)

コンビニを含めて業務部門というが、電気使用から出てくるCO2の排出は結構な増加を示している。2006年の排出量で言うと1990年比で39.5%増とかなり伸びは大きい。
なぜコンビニだけなのか、費用効率的なのかという問題もある。

コンビニに対して総量で上限を課して、コンビニにどういう方法でCO2を減らすか考えてもらい、最も費用の掛からない方法で削減をしてもらう。その結果、営業時間を少なくするほうが有利だとコンビニのほうが考えてもらえるならば、それは一つの選択肢だとおもう。しかし、今回はいきなり(コンビニの側からでなく)営業時間を短くして欲しいという話が出たので、方法としては必ずしも効率的でないと考えている。

それでは、コンビニの深夜営業規制を自治体はなぜ実施しようとしている背景はどういうことなんでしょうか?(浜中アナウンサー)

コンビニが日本全体・業務部門全体に占めるCO2の排出量はそんなに大きくは無い。コンビニは良く目に付くのでコンビニを対象にするとある種見えやすい政策なのではないかと思う。これは「象徴的環境政策」と呼ばれ、我々が享受してきたライフスタイルを変えなきゃいけないのではないかということで、象徴的なメッセージを発することができる。

他方で「象徴的環境政策」は別の面もある。深夜数時間コンビニの営業を止めてもCO2の排出量はそんなには減らないが、環境対策をやっているというアピールにはなる。

私がドイツに留学していたときに、ドイツでは閉店法という法律があって、強力に営業規制をやっていた。日曜日は全休、土曜日も午後2時以降、平日も午後6時半以降はお休みだった。不便だったが、なれてくると休みの日にショッピング以外のことに眼を向けるようになる効用もあった。

京都市はどんな戦略を描いて(コンビニの深夜営業規制をしようとして)いるのでしょうか?(浜中アナウンサー)

街づくりの政策の一環として位置付けているのではないかと思う。具体的には、京都はダウンサイジングというか、建物の高さ規制・屋外広告規制などをやってきた。そして、コンビニは夜間景観を破壊しているという認識が出てきた。京都で興味深いのはその政策を経済界が結構支持していることだ。京都として(その政策により)短期的には経済的損質を蒙るかもしれないが、長期的にはいい町を作っていくことでその結果として観光客に沢山来てもらうことができるだろう。

営業の自由を盾にコンビに業界は対立するのではなく、京都という場所を実験場にして自発的に営業規制を試みてはどうだろうか。その結果がよければ他の地域に広げていってはどうだろうか。


2008年 8月 5日 火曜日 諸富徹(もろとみ・とおる):地球温暖化対策としてのコンビニ深夜営業規制について


編者感想:15年ほど前にドイツの田舎町カッセル(Kassel)に行ったところ、たまたま日曜日で町の中心部にある巨大なショッピングモールが全て休みだった。きっちりと規則を守るところは生真面目なドイツの民族性なのかと感心したものだった。そうなればそうなったで一種の町の表情になるので、不便というよりも好ましい感じがした。
 想像するに、京都の町で夕暮れが迫る中を高瀬川の水音を追いながら散策していく向こうにコンビニがあったらちょっと興ざめかなとも思う。あ、深夜の営業規制でしたね、ついよそ者・旅人感覚で書いてしまいました。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。