スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内橋克人(うちはし・かつと):GDP下方修正の必然 2008/3/11

明日内閣府は去年2007年10月から12月期のGDPの成長率の改定値を発表する
この1月14日に同じ期間の速報値を発表している。実質GDPは前期に比べて0.9%増、年率換算で3.7%の増だった。
GDPは回復基調かと思われた。いざなぎ越えといわれた日本の景気は持続し、回復拡大の印象を与えた。

しかし、内需産業、地方、中小零細企業に携わっている人は首を傾げざるを得なかった。

3月5日に財務省が法人起業統計を発表た。すでに企業収益は悪化に転じ、設備投資が前年同期に対して-7.7%落ち込んでいることを示した。
3四半期でみると3回続けてのマイナスとなる。
内閣府が1月14日に発表した実質GDP0.9%増も、その0.5%は設備投資の拡大による押上げ効果によっていた。
(ここにきて設備投資が落ち込んだという新しい発表があったので)残りの0.4%は外需によっていた。内需はほとんどゼロ。

景気回復の実感無しにいざなぎ越えといわれる景気は終焉のときを迎えると思われる。

実質GDPの修正値は0.9%から0.7%になるのではないか、年率換算だと3.7%が2.4%になる。
内需が増えていない、外需一本槍のところにサブプライムローンの破綻で外需の設備投資計画は見直しせざるを得ない。

サブプライムローンの破綻が象徴するアメリカの虚構の繁栄 「一つの時代の終わりとみるべき」ジョージ・ソロス氏

所得の伸び悩みのより、外需から内需への切り替えは出来なかった。労働者の1/3が非正規雇用でそのうちの77%が年収200万円以下のワーキングプア
72%の労働者が資本金1億円以下の企業で働いていて、賃金が低かったところはさらに低くなり、その格差は広がっている。
1997年度と2006年度の比較によると、一人当たりの人件費は、資本金10億円以上の企業では -1% 、資本金1000万以下では -15% 。大企業製造業では +8%。

日銀が描いた、景気のけん引役が企業セクターから家計セクターへと移っていくと言うシナリオは、絵に描いた餅になった。

景気は二つのエンジン(内需・外需)で飛ぶ飛行機に例えられているが、現状は外需のみの片肺飛行。
溜め込んだ外貨も円高で目減りしている。

2008年 3月 11日 火曜日  評論家 内橋克人(うちはし・かつと)


編者感想:大企業部門でのみ景気回復が見られたが、それも派遣、パートによる人件費切り詰めによる効果が大きかったのだろう。今回の景気回復は一種のゼロサムで一部のリッチをさらにリッチに、多くの人々が新たなプアーになったということか。それなのに何を根拠に日銀はいずれ家計セクターが景気のけん引役になると予想したのだろう、不可解。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。