スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内橋克人 飴は先に、ムチは後で 2009/05/26

 人々を動機付ける「飴」と、それに反対する者に対して振り下ろされる「ムチ」。裏腹の対語。ドイツのビスマルクが社会主義者たちを弾圧するために社会主義者鎮圧法を作り、一方で社会保障のため法律を作り国民の懐柔を図った。硬軟両用の政治的手法、これを指して当時の文筆家が「飴とムチ」と評した。
 私のいう「飴は先に、ムチは後で」は飴とムチの間には「選挙」があるということ。選挙前には国民に飴をばら撒き、選挙後には一転してムチの政策を振るう。最近になればなるほどその傾向が強い。
 国民は先に数々の飴をなめてしまった以上、消費税アップに対する反対を言えなくなる空気が作られている。野党には争点隠しを許さない鋭さが必要。
 「政権を担うことができる野党」というキャッチフレーズにも落とし穴がある。第二次大戦後のイギリスで、野党はその議論の中に埋没し、現実主義路線に走り、第二の与党化していってしまうという失敗を犯した。野党は現実を変えていく力をなくし、新たな現実をどうやって生み出すかという本来の対抗勢力(オポジション)の大切な役割を忘れてしまった。苦い歴史がある。選挙の終盤戦で当時の野党であった労働党がやはり増税は必要だと言い出して、事前の予想に反して大敗し保守党の政権がその後長く続いた。大きな落とし穴ではないか。
 配偶者控除廃止に際して、政府は男女共同参画社会に専業主婦優遇は不公平だからという理由をつけた。働く女性、働かざるを得ない女性、専業主婦を分断し対立させて最後に控除廃止(増税)を持ち出した。
 最近でもワーキングプアの所得が生活保護世帯を下回っているのはおかしいと(政府が)称して生活保護の給付水準を引きさげる。それにつれて最低賃金も下がっていった。政治的なトリック、レトリックに惑わされない賢さを伴った勇気が私たちに求められているのではないか。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。