スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺島実郎 日本の温室効果ガス削減・中期目標の視点 2009/06/12

 昨日、麻生総理から2020年までの温室効果ガス(CO2など)の排出量を、2005年比で15%削減すると発表があった。京都議定書では温室効果ガスを2012年までに1990年比6%削減することになっていてそれに日本は取り組んでいる。2005年比15%削減は1990年比8%削減にあたる。
 経済界も労働界も小さい削減率を提案していたので(15%は大きすぎると)失望され、(1990年比25%削減を主張していた)環境派の人たちには少なすぎるとされた。私自身、首相を取り巻く温暖化懇談会の11人のメンバーに入っていて、今回の目標設定の数値は私の主張していた意味のある数値のゾーンに入っている。
 経済界のいう『1990年比4%増』というのは「限界削減コスト公平の原則」を基にしている。それは日米欧でCO2単位あたりの削減コストを平等にするということ。各国間で削減コストを基準とすると、省エネルギーの進んだ日本はこういう数値になる。(経済界は)日本ではもう削減は限界だといっている。
 2005年比で言うと、欧州は2020年にマイナス13%、米国はマイナス14%といっているので、それと比較すると日本のマイナス15%は決して小さくない。また、欧米は排出権取引の分も含まれている。日本の削減数値は(排出権を含まない)『真水』の数値。
 2050年に向けて、安部政権のときにマイナス50%と行っているし、福田ビジョンではマイナス80%と言っている。その中間目標の2020年において長期目標につながる数字でなくてはならない。さらにエネルギー政策と整合性の取れたものである必要がある。その意味で15%削減は意味のある数値だ。
 その数値を達成するためには、2020年までに原子力発電所を9基建設して、稼働率を今の60%から80%に上げる。水力風力バイオマスなどの再生可能エネルギーのシェアを今の5%から倍の10%にする。家計あたりの負担が年間7万円。新車販売の半分は電気自動車・ハイブリッドカーに、太陽電池発電を今の20倍に、といった事をしなくてはならない。
 さらに、インド・中国・米国が参加するようなルールをつくる。日本の食糧自給率を上げて海外から食糧を輸入する時のCO2をへらす。
 世界から押し付けられる手かせ足かせと考えるのではなく、新しい産業の発展と雇用が生まれていく、と前向きに考える第一歩と考えるべきだ。

財団法人日本総合研究所会長 寺島実郎(てらしま・じつろう)

寺島実郎の著作 in Amazon.co.jp

編者感想
原発を9基作って稼働率を80%にするのはどうかと思う。別の方法はないものだろうか。原発の稼働率を80%にするのが「温室効果ガス削減」だとしたら電力会社はエコに貢献しつつ大もうけできる。原発でCO2削減をどうしてもやるというのなら、電力会社の儲けを太陽電池普及にすべてまわしたらいいだろう。そんな風な仕組みも考えてほしい。15%削減は結構な数値だと思うが、中身も注目したいと思う。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

 初めまして、私も原子力発電の増設には反対です。 原子力発電は昼夜間連続運転が原則ですし、基本的には出力調整もできません。 つまり今でも余っている深夜電力を増大させます。 現状は揚力発電等を使用していますがこれでは稼働率80%としても実際の効率はかなり下がりますし、さらにダムを相当数建築せざるを得ず、環境破壊が心配されます。
 太陽光発電がクローズアップされていますが、太陽光発電に適した地域は日本でそれほど多いとは思えませんし実際の効率は地方ごとに異なります。 また太陽電池の製造には多くの電力と資源が必要です。 つまりこれを増産しますと一時的に二酸化炭素増大をもたらします。 4年で製造に必要な分は取り返せるという意見もありますが、実稼働率を考えればかなり怪しいと思います。 特にむやみに増やせば不適切な場所での使用も増えるでしょうから4年で元が取れない可能性も大きいと思われます。 次世代か、次次世代の太陽電池の普及が現実的ではないでしょうか。 ただ太陽電池に期待しすぎるのも問題です、太陽電池工場が太陽電池で稼働していないことを考えてもわかるのではないかと思います。 

ブログ再開後、初コメントありがとうございます。

 太陽光発電は地球温暖化対策の決め手となるかどうか、おっしゃるとおりはっきりとしていないと思います。
 私は地球温暖化対策というのならば、「エネルギーを使わない社会」、とくに「化石燃料を文字通り使わない社会」を作るという基本的な視点が必要だと思います。産業界・経済界・労働界の意を汲むあまり、「ゆで蛙」状態になりつつあっても本質的な問題に目をつぶったままで温暖化が進んでいくような気がします。
FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。