スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原直哉 解散総選挙と日本経済の行方 2009/07/17

 今度の総選挙は過去10年間の規制緩和・ビッグバンの政治経済について国民からの審判を受ける選挙。外交についてもアメリカの属国化であったがそれについても国民の審判が下る選挙になる。古い時代が壊れて新しい時代がスタートするきっかけになるだろう。
 整理と再生の二つの視点が大切だろう。小泉竹中改革の隠れていたものが現れるだろう。
 選挙後、新しい政権の誕生と相場の暴落(二番底)の時期が重なってすべての膿みが一気に出てくる可能性がある。
 中央銀行が市場を買い支えているのか゛はっきりと見て取れる。一方ではアメリカでは8兆円の負債を抱えるノンバンクの破綻が迫っている。カリフォルニアの破綻も迫っている。日本を再生するには過剰な輸出に頼る経済を変えなければならない。次の政府の仕事は大きい。まず現状をしっかりと国民に告げることだ。それが経済再生の第一歩となる。その次に再生された日本のビジョンを示すこと。第3には現場を熟知していて見識のある人を集めなくてはならない。この3つが必要になる。この建て直しには政治が動くしかない。選挙後の政府の責任は重い。
 
経済アナリスト 藤原直哉(ふじわら・なおや)

藤原直哉の著作 in Amazon.co.jp

編者感想
日本経済の現状を国民にしっかりと伝えるのはとても大事なことだろう。いまは政府の経済関係部署からのアナウンスはうそではないけれども正しく伝わらない物言いをしていると思う。次の政権は正しく現状を伝えてほしい。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。