スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林康史: 新G2と中国経済の将来 2010/03/22 月曜日

 中国経済は好調。昔はG2といえば日本とアメリカだったか゛、今は中国とアメリカ。中国の経済発展モデルは日本を手本にした。長期的な中国のGNPは日本の2倍あるのでますます成長するだろう。

 中国の2010年の経済成長率は多くの経済機関によると10%くらいになるだろうと予想されている。成長のけん引役は投資・消費・輸出。世界的な経済危機で輸出は一時落ち込んだか゛回復しつつある。

 環境・高齢化・汚職が中国の経済成長に問題となると言われているが、そうでもないだろう。いろいろといわれている実体経済の成長、金融政策、人民元についても解決できない問題ではない。

立正大学教授 林康志(はやし・やすし) 


編者コメント
感想 [そこまで言い切れるとは思えない]

 中国が日本の2倍のGNPになるのは長期的には間違いないように思う。もともとでかい国だし、平和が続けば巨大な国が栄えるのは歴史の示すところだ。金融政策についてはうまくやっていきそうに思うが、ただ、話を聴いてみても持続的な中国経済の成長の根拠が分からない。日本の経済発展モデルと同じといわれてもそれだけでは判断できないだろう。

 また歴史は経済構造の変化による失業、環境破壊・気候変動による食料危機、行政機構の腐敗によって王朝の崩壊や小さな革命が起きたことを記録している。中国の支配階級・為政者の舵取りは結構危うくなっているような気もするけどね。

 





テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。