スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤実: 経営改革 2010/03/25 木曜日

 政府の経済政策は内向きになっている、といわれるが日本企業も同じ。しかし外国の企業は違う。2009年7-9月期では、韓国のサムスンは営業利益が3200億円で、一方日本大手電気企業9社を合わせても1500億円くらいしかない。

 その原因にはいろんな面があるが、一つには日本企業は「いいものは売れる」と信じ込んでいること。優れた技術だからといって売れるとは限らない。日本の携帯電話は機能は優れているが、世界では通用しない。機械・商品の単体で売ろうとしており、システムで考えていない。マーケティングのやり方が間違っているともいえる。

 日本はデジタル化を甘く見ている。モジュール化が進んでいて必要な部品・基板は市場から買ってくることが出来る。それを組み合わせれば安く出来る。日本は一社で研究開発から生産まで全部やろうとする。コストが掛かる。また儲からなくなった日本企業はリストラする。すると人材が他国の企業に流失する。

 日本は強いところを伸ばしていくべき。選択と集中を進めたところは伸びている。日本の強みはデジタルとアナログが一緒になっているような領域。それとグローバル化を進めるべき。企業の人に聞くと若者は海外に行きたくないという。また、国際的な企業連携を強めること。技術力はまだあるから今のうちに改革することが出来る。

 〈今回で最後の出演ということで〉テレビ、ラジオ出演にしているが、テレビだと話したことを忘れられる。ラジオだとちゃんと覚えてくれている。

労働政策研究研修機構統括研究員 伊藤実(いとう・みのる)


編者コメント
感想 [なるほど]

 50代後半以降の人は「いいものを作れば売れる」という掛け声のもとに生産し輸出することによって働いてきた。その思いがたまたま外的経済条件と整合して日本の経済を大きくしてきたことは疑いのないところだろう。複雑であろうとなかろうと「技術」は水平的に移行する。基本的に誰でもどこでも出来ることが「技術」や「工学」・「工業」だ 。日本人にしか出来ない技術というのはありえない。氏はアナログの技術はそう簡単には海外に流失しないといっているが、条件によればそうでもないだろう。経済的にペイしないからやらないのだろうと思う。その切り口から「技術」を眺めてみると日本の強みはあると思う。

 若い人が海外に出たがらないという話は興味深かった。昔は海外の経験をつんだ人が事業部の責任者になって世界に打って出るのが一般的だったが、今の日本企業にはそんな余力もなくて若い社員に手本をみせる中堅社員もいないということか。企業自身も弱ってきているのだろうか。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。