スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水谷研治: 新年度に持ち越す大きな経済問題 2010/03/26 金曜日

 今年度はあの大きな落ち込みから回復して景気が回復してきたといわれている。各国の中央銀行は金利をさげ、政府は資金を出してきた。日本の政府は予算は通ったが、それだけでは景気回復には不足。日銀は当てにならない。

 財源が不足している。また、財政再建も必要。そのためには支出をへらして増税をすることになる。景気回復財政再建は矛盾する。

 改革には痛みを伴う。今、痛みを受け入れて将来に備えるのか? (国の取るべき政策は)今〈景気回復〉なのか、将来〈借金先送りを避ける財政再建〉なのか。問題は新年度に持ち越されている。

東京福祉大学大学院教授 水谷研治(みずたに・けんじ) 


編者コメント
感想 [そのとおり]

 目新しい情報や視点はないが、あまりに当たり前にってしまっているのでうっかり忘れてしまいそうなことを話してくれている。惜しむらくは水谷氏はその話のキャラクタが年寄りの繰言みたいに聞こえること。あと、自分で体験なり調査なりして実感したことも話せば説得力ももっと増すかもね。

 ほぼ50年も続いた自民党政権の尻拭いをしながらの経済運営はさぞ大変なことだろう。景気回復財政再建の予定表を具体的な数値と2年おきのマイルストーンで示して発表してもらいたいものだ。温暖化ガスの削減についてはそこそこやっているのだから、それをまねて作ればいいのではないか。なにか決めて進めていかないとその政策が正しいかどうか分からない。間違ったらその時点で修正すればいい。

 





テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。