スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水谷研治(みずたに・けんじ):円高ドル安 2008/3/21

プラザ合意(1985年9月)の一週間前に私がNHKのラジオに出演したとき、ドル相場は150円くらいになるんじゃないかと話したが、完全に無視された。
その後、半年で240円から150円になった。

ここ数年の高値が120円くらい、今回下がったと言っても2割程度。しかし、石油は1バレル100ドルになったので(他の商品価格も上昇し)、ドルの価値は半分以下になった。
需給関係とともにドルそのものが下がっている。ドルが下がると輸入物価が上がる。ドルで買う場合、以前に比べて余分に払わないといけない。

ドルが下がっている理由は、ドルが余っているから。
日本人、中国人や世界の人々がドルを買っているのでドルはあんまり下がらない。不況だし(設備投資も出来ないので)、金利の低い円から金利の高いドルにしている。

日本は景気がよくないのに、輸出をしてその代金が入ってくる、政府が赤字で民間へお金が溜まってくる、景気が悪いので日銀がお金を出している。デフレなのでその状態が続く。

円安になると輸出が困るので、我々はこれでいいとおもっている。

ドルは以前は強い通貨だった。アメリカは以前は強い国家だった。したがって円はドルと一緒になっていたかった。

これからは金の保有量を高めるなど、ドル離れを目指していかなきゃならない。

2008年 3月 21日 金曜日  中京大学教授 水谷研治(みずたに・けんじ)


編者感想:基軸通貨としてのドル、覇権国家としてのアメリカの終焉を考える時に来ているということか。ま、だいぶ前から言われてるけどね。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。