スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤功: 日本はやっぱり現場力 2010/4/22 木曜日

 今元気な会社は現場が元気だ。自分たちで知恵や工夫を出している現場力のある会社だ。現場力は企業ごとにばらつきがある。お客様に対して直接価値を生み出しているところが全て現場。

 現場力の具体例として「個店主義」というキーワードがある。それぞれのお店が自分たちで工夫しながらお店を運営し業績を上げている。
 例として外食のギョーザ「王将」。500店以上ある。全て黒字。各店長に権限委譲されていて、お店が自分たちのお客の顔を見ながらメニューを考えている。しかし、独自メニューの売り上げは各店舗の5%くらい。この5%が大切。自分たちの店という意識が出て良い効果になっている。
 流通では関東にある「大関」というスーパーマーケット。店舗数は50くらい。利益率は8%と高い。多くのスーパーの利益率は1~2%。このスーパーは「個店主義」そのもの。各店舗で来店するお客様に合わせて品揃えを考えていくというのが方針。

 個店主義は徹底的に現場を信頼し、権限を現場に委譲し、現場の人が自分たちでどうにかしようという当事者意識を持つことだ。

早稲田大学ビジネススクール大学院教授 遠藤功(えんどう・いさお) 



編者コメント
感想 [そうそう]

 15年ほど前に大阪から友人が来たのでギョーザの「王将」に連れて行ったら、メニューが大阪にある「王将」と大きく違っていたので別のチェーン店だと信じて疑わなかったことがあった。

 経営者は末端に位置することの多い現場の人をなかなか信じられない。そうだろうな。経営者も現場の人と話をすれば、程度の差こそあれ権限の現場委譲は出来るだろうとおもうけど、コミニュケーション力の乏しい経営者は結構いる。

 





テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりです

久しぶりです。また再開されたのですね♪
FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。