スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/18 木曜日 電力の安定供給のために国内送電網の構築を:中北 徹

電力各社の電気の需要と供給のバランスの維持が計画どうりに進まず、(電力各社の間で)ばらつきが出ている。正確な見通しを持って事業計画を行うことはなかなかできない。

需要面で言うと、スマートグリッドでリアルタイムで電気の消費状況をわかるシステムを作る。供給側は電力会社間の緊急融通体制を作る。しかし、東日本と西日本は電力の周波数が異なり、周波数を変換して相互に供給する必要があるが、その設備が少ない。さらに同じ周波数の電力会社間でも電力を融通する設備が十分ではない。電力会社は地域独占だから、電力会社間で使うような設備にお金をかけるようなインセンティブがない。

全国の送電網が接続され統一されると、自然災害や大事故がおきたときの安全保障の備えとなる。さらに、電力会社間の競争につながる。発送電のコストを下げることにつながる。

周波数の統一が望ましい。ただし、資金が必要、東京電力分の周波数を60Hzに変えるだけで20兆円かかる。無理なら周波数変換所を作るべき。1000万KW必要だ。

当局者には、発電と送配電の事業分離も含めた発想の転換が必要だ。

東洋大学大学院教授 中北 徹(なかきた・とおる) さん 
感想
 周波数変換すると結構な損失が出る。変換すればまるまる東西の電力を相互に使えるわけではない。損失が出ることから周波数変換所を作る案には反対だ。
 それよりも一般家庭では高々100度程度の熱源にしか使わないのに数100度から1000度以上にボイラーで燃焼させて電気を作っていることに疑問を持つべきだろう。この話を昔工学部の友人に向けたら、高温のボイラー効率とエネルギーを電気にして分配することの高効率性を滔々と開陳されたことがある。どうも問題の発想が違ったようで、同じような数式を使う人間でも、見ようとしている方向がこうも違うものかと驚いたことがある。
 いっそのこと日本の電力はエジソンに戻って直流にしてみるという考え方も検討してみるといいのではないか。それが出来れば全国に設置している屋根の上の太陽光発電パネルを(逆流防止回路を経由して)を直結できるし、太陽光発電設備に蓄電池が付属していればスマートグリッドでリアルタイムに電力の融通が可能になる。


amazon リンク:中北徹の本

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。