スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/26 Fri パラダイムシフトを考えるべきとき:藤原直哉

ドル安円高の影響が各所にでている。構造的な要因が大きい。

来年はアメリカ大統領選挙と中国の指導者が交代する年。政治的にも不安定な一年になる。また、中東全体が流動的になる可能性が高い。

経済は政治や軍事が安定して初めて上手くいく。

新興国でも金融・不動産バブルがはじけてきている。また輸出も減少しているので依存することは出来ない。

世界は格差をつけるような経済運営をこの20年間やってきた。最近イギリスで暴動が起きた。それは競争原理の成れの果て、格差をつけていって、最後に弱い人たちが暴発した。新自由主義は社会の崩壊で終わったと結論付けていいと思う。もうそれに戻ることは出来ない。

立ち向かうには、まずリーダー。新しい現実をありのままに受け入れて常識と行動を転換できる人。政治だけでなく、経済・経営にもリーダーに押し出していかなくてはならない。

日本はまだ、円も経済の潜在競争力も強い。また新しい社会への転換には間に合うと思う。

新しい時代は模索的に作っていく。残すものと捨てるもの、未来志向で明確に分け、元に戻すのではなく、変化の中に飛び込んで対処する、その中で答えを出していく、危機とともに走るというリーダーシップが求められる。

経済アナリスト 藤原直哉(ふじわら・なおや)さん

amazon リンク:藤原直哉の本
感想
パラダイムシフトは藤原直哉氏がしばしば用いる言葉だ。世界的に困難に直面していて、安心して毎日暮らせるような社会にする方法・政策・リーダーが求められているのはしていきとおりだと思う。
 複雑な問題は複雑な解法で解くか長い時間をかけて解くしかない。ここで簡単な解決方法を声高に叫ぶリーダーに従うと事態をさらに悪化させる。
 遠くは幕末と明治維新にかけた時間と人材を考え、近くでは労働者派遣法の改正にかけた時間を考えたとき、その結果のあらわしているところは明らかだろう。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。