スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺島実郎(てらしま・じつろう):21世紀に入って7年・世界経済の激変 2008/3/28

(この番組のキャスターの)木村さんと2000年の12月31日に「いく年くる年」に出演し、21世紀がどんな年になるかお話した記憶がある。

テロと戦争の7年だった。9.11以降イラク、アフガニスタンなどで10万以上の人(兵士)が亡くなった。(木村キャスター:イラクの市民は10~20万人亡くなったといわれている)
エネルギー高騰の7年だった。エネルギーの価格が5倍にもなった。需給ではなく金融肥大化・過剰流動性によるマネーゲーム化で価格が上がった。それを支える経済の不自然さが爆発したのがサブプライムローン問題であった。今の経済システムが怪しげなものであることを見せつけた。

アメリカを中心にした世界秩序、米国の求心力が衰えていった。大国の論理で世界の秩序を保とうとしたがうまくいかなかった。現在は全員参加して新しいルールを作るためにもがいている段階。

日本はこの7年間にどうかかわったか考え直さないといけない。自ら参画したりコミットしたりする姿勢が重要。
「アメリカを通してしか世界をみない」「アメリカを通じてしか日本は行動しない」といった視点を一気に変えていくべき。

洞爺湖サミットも近づいているが、(議題となる)環境問題はエネルギー問題の裏返し、日本はどういうビジョンを出していくか(重要なことで、注目したい)。

基軸になる座標軸をきっちり持って、日々の出来事をプロットしていく必要がある。大きな時代の流れの向かう先は何処なのか、構造的に認識する必要がある、と思っている。


2008年 3月 28日 財団法人日本総合研究所会長 寺島実郎(てらしま・じつろう)


編者感想:寺島実郎氏がイラクなどの戦争とテロで亡くなった兵士の人数のみ上げていた後で、すかさず木村キャスターがイラクの民間人の亡くなった人数をコメントしていた。戦争で死ぬのはいつも兵士より民間人・市民が多いことは忘れちゃいかん。木村キャスターには別の番組でお耳にかかりたい。












テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。