スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴田敦之(すずた・あつゆき):悪い物価上昇と景気 2008/3/31

景気が良くなって個人消費が強まり、需給が引き締まり物価が上がる > 良い物価上昇
個人消費が増えず、景気が悪い中で原材料価格が上がって物価が上がる > 悪い物価上昇

先週総理府が2月の物価上昇を発表した。対前年同月比で1.0%上昇。1月は0.8%の上昇で5ヶ月連続の上昇となった。
1.0%上昇は、消費税upをしたときで、10年振り

物価上昇の中身はエネルギー関係で0.7%、小麦を原料とするバンなどの食料で0.26%
先物商品市場の上昇が現実化してきた。

エネルギー価格上昇の原因は投機マネーの流入といわれるが、新興工業国の消費量増加・原油埋蔵量の減少などが原因で、高止まりになるだろう。

食料は、近く小麦の政府引渡し価格が30%値上げされる。
去年ヨーロッパ、オーストラリアで旱魃があった。それを除いても食料価格上昇には構造的な問題がある。

新興国が工業化すると食料輸出国から輸入国に変るから。
トウモロコシはバイオエタノール、ダイズはバイオディーゼルに使うことになり、小麦から転作する動きがある。
限られた食料を国同士が奪い合い、燃料と食料で奪い合う。この(食料需給逼迫の)構造は一時的ではない。我が国の食料自給率は36%で、これを上げるのも難しい。

この物価上昇個人消費は押し下げられる。今年の春闘の賃上げは去年とほぼ同じになるだろう。物価上昇を見込むとほとんど増えないかマイナス。雇用関係の指標もよくない。

消費者心理が冷え込むことが心配だ。
景気は今まで輸出と設備投資で引っ張ってきた。これらが減少し、かつ個人消費はマイナス方向になり、良かった企業収益も減益になるだろう

景気が下がっていく中で物価が上がるスタグフレーションという最悪の事態もありうると考えておくべきだ。


2008年 3月 31日 評論家 鈴田敦之(すずた・あつゆき)


編者感想:番組改変で浜中アナウンサーが今日から担当になった。来週の月曜日から、前週放送された「健康ライフ」「ビジネス展望」を一週間分まとめて番組のホームページで聞くことができるようになるとか。その二つの番組は問い合わせが多いからだそうである。
「ラジオあさいちばん」の番組ホームページはこちら https://www.nhk.or.jp/radiodir/asa

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。