スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金子勝(かねこ・まさる):影の銀行システムが崩壊する危機 2008/4/2

普通の銀行は与貸業務、中央銀行は銀行を対象に規制・資金の出し入れ・融通をする

90年代以降、欧米の銀行は店頭取引のデリバティブ(金融派生商品)が収益源として大きくなってきている
銀行は表向きの(与貸)業務とは違う業務をやるため、連結決算の対象にならない「投資ビークル」という運用会社を作ったり、ヘッジファンドとこういう証券取引を行なう・資金を貸したりするという関係が主になってきている。
98年以降、証券化・デリバティブが膨らみ、(銀行の連結決算の対象外にある)「影の銀行システム」の部分が肥大化している。

影の銀行システム」は3つの特色を持っている。
1.オープンなマーケットを持たない。取引相手と相対で取引している。透明な市場を使わない。
2.投資ビークルヘッジファンドは非公開で実効資本規制の規制もない、金融当局の監視もない。つまり野放し。
3.高いリバレッジで運用している。しかも短期資金を調達し、高利回りの長期の債権に運用している。

今回のサププライム問題では、サブプライムローンを担保にしてコマーシャルペーパーを発行して資金を調達したり、銀行から資金供給を受けたりする。(その資金でサブプライムローンなどの債務担保証券を買い)またその債務担保証券を担保にして、またコマーシャルペーパーを発行して、、、永遠に買いつづけることができる。

高レバレッジで規制の効かないここ(投資ビークルヘッジファンド=>影の銀行システム)が破綻している。債権が下落したりいっせいに解約が起きたり、逆回転が始まると資金難になり、持っている債権が投売りされてしまう。債券市場自身を麻痺させている。

世界中でクレジットクランチ信用収縮)が起きている。
3/29のフィナンシャルタイムスによると、債券発行が去年の第一四半期(2007.1~3)に2兆ドルあったのが、今年の1~3月では1兆ドルになってしまった。銀行のシンジケートローンも1兆ドル越えてたのが6000億ドルに減った。

FRBなどが猛烈な資金供給しているのはそういう背景がある。本来ありえない、中央銀行がノンバンク(ベア・スターンズ)を救済せざるを得なくなっている。
FRBは4000億ドルでTSLFという制度を実行している。
TSLFとは、銀行ではなく優良な(証券)ディーラー相手に、住宅ローン担保証券・その関連証券を担保にして28日間の担保つきで、FBRの持っている財務省証券と交換するというプログラム。
FBRがウォール街の最後の貸し手になるということ。

最近FRBが銀行だけでなく、証券会社、投資銀行を監督・調査できることが決まった。それは「影の銀行システム」が崩壊して、やったことのない博打みたいな介入(ベアスターンズのこと)をしたために起きていること。日本のメディア、学者は取り上げていないが、これは危ないこと。ドルの崩壊になりかねない。そんな危険な領域に中央銀行(FRB)が踏み込んだ。日本はまだ金融立国、構造改革とかいってぼうっとしている。失敗した人も堂々としゃべっているし、いつもだけど。

現実に起きてることと向き合って問題性をきちんと認識することが大切。20年遅れでアメリカの真似をしているとこの国の行く先はないと思っている。



(浜中アンカー)内橋克人さんはご自身の都合でしばらくの間お休みします。


2008年 4月 2日 水曜日 慶応大学教授 金子勝(かねこ・まさる):影の銀行システムが崩壊する危機


編者感想:アメリカ、ヨーロッパの株式市場が値を戻したのはそのせいか。日本の株式も今日は大きく上げている。FRBが最後の貸し手になったまま、うまくこの危機を乗り切れなかったらドルの崩壊、アメリカの凋落へとつながる。そうなったときに日本はどうするか。東アジアで孤高を保つか、中華システムの一部になるか、オーストラリアなどと組むか、どんなふうになるんだろうか?












テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。