スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原直哉(ふじわら・なおや):借金経済の終わり

株式・債権が下落し不良債権が雪達磨式に膨らんでいる。それで金融市場では「貸し渋り」「貸しはがし」が横行している。個人から国まで、お金を借りにくくなって、借りた金の返済を迫られている。そのため、消費・投資が出来なくなって景気の減速が急速に起きている。

日本・中国・ヨーロッパはサブプライムローン破綻の直撃を免れていたが、株価下落など景気悪化が見られている。
金融システム危機が世界的規模で起きていて、銀行同志がお金を貸さない状況が継続している。

アメリカは住宅ローンの破綻から発生したことなのでその救済・支援をやっているが、サブプライムローンの破綻の金額が大きすぎて、その救済も間に合わない。対策も実効性が乏しい。
破綻>貸し渋り・貸しはがし>不景気 この(悪)循環はまだ拡大するようだ。

私は今年後半に景気が回復することは全くないと思う。
そもそも今回の不良債権が発生しているのは、金融テクノロジーを駆使して作られた金融商品の値段が下げ止まらないこと。この商品はアメリカの住宅価格を元にしているので、住宅価格が下げ止るまでは不良債権の増加はとまらない。金融テクノロジーの不信感も募っている。

これからはアメリカ政府、アメリカの家庭はこれ以上の野放図な借金は出来なくなった。1971年の変動相場制から巨大な借金を重ねて今日まで来ている。
アメリカが借金をして物を買ってくれるから日本・中国・ブラジルなどが輸出をして景気が良くなる。一方、中東・ロシアなどはアメリカに売るための物作りをする国に資源が売れて儲かる、という構造になってている。従ってこの3,40年の世界経済はアメリカ人が無謀な借金をするから回っていたという部分が間違いなくある。アメリカだけを責める事は出来ない。どの国もアメリカの借金に乗って(経済発展して)来た。

ブプライムローンの破綻は、結果的にもうこれ以上アメリカ人が無理な借金が出来ないという現実を突きつけている。ドルも下落しているので国家としてもこれ以上の借金は出来ない。借金で出来ていた需要が一夜にして消えてしまったことになる。これは大変なこと。物を作っても売れない。資源の使い道もなくなる。とてつもない不況が来る。

世界経済全体を作り直す必要がある。健全な経済に戻す必要がある。今のように借金で成り立つグローバルな経済は無理。成長速度は下がるだろうが、各国の基礎的な力に根ざした健全なローカル経済を復活させるしかない。
今みたいに高度経済成長できるのは世界的にグローバルに借金できるので可能だったが、もう無理になった。21世紀型の経済はフラットな、グローバルでないローカルな、エネルギー消費も少ない経済。また、各国それぞれが(国内で)不均衡を作り出さずに経済をまわしていかなくてはならない。かなりアナログな、その国独自のやり方を重視しないと経済は回らないだろう。
19世紀に植民地を経営していたヨーロッパ諸国が植民地を失ったときのようなことが今起きている。かなりダウンサイジングして縮小均衡した経済にして、それでも品質を高めながら経済を活性化させる道に行かざるを得ない。

日本経済はまだグローバリゼーションとかデジタル化とか言って走っているが、アメリカが借金できない以上それに見合う需要はないと思うので、早く気持ちを切り替えて、量から質へとか、ゆっくり品質のいいものを作るとか、根本的に考え方を変える必要がある。それから、地方から振興させることを考えないと、東京だけでは経済を支えきれない。

そうやって根本的に日本を再生することを考えないと、この不況から再生することはできないのではないかと思う。


2008年 4月 11日 金曜日 経済アナリスト 藤原直哉(ふじわら・なおや):借金経済の終わり


編者感想:多くの企業がグローバリゼーションと称して正社員をパートに切り替えたり、ITと称したシステムは価値を高めることよりも(主に労働などの)コストダウンにしか目が向いてなかった。それでも最終的に買ってくれるアメリカ人がいたので世界の経済は回っていたということか。わかってはいたが、他人から言われるとより明確になるもんだ。
借金が出来ないというのは、経済でいえば最も大きな問題になる。よくもまあ3,40年も借金で世界経済をまわしてきたアメリカはたいしたものだと思う。一方、自分に振り返っては、これからはロハス(LOHAS)がらみの仕事も注目してみるか。










テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。