スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴田敦之(すずた・あつゆき):G7の金融危機処方箋

今回のG7が従来と大きく違うのはアメリカ・ヨーロッパの金融危機が燃え盛る中に開かれたことだった。
前回2月のG7では抽象的な作文で終わっていたが、今回は危機の根深さと対応の遅れを認めて混乱長期化懸念を打ち出した。
100日以内にやるべきこと、今年中にやることなど行程表、いわいる処方箋を作り、世界主要金融機関10行の首脳を招いて官民協調して危機を乗り切る姿勢を演出した。
効果のほどはどうかわからない。

特徴は、規制監視を強化した。これまでは「自由競争こそ全てだ」といっていたのが、サブプライムローン問題が出てきたので規制監視を強める必要が出てきたということだ。
市場安定化のために金融機関の情報開示を求め、損失を確定して資本増強を求めて不安を除去する、という方針。

100日以内にすることは2つあって、
1.金融機関の情報開示を徹底すること
2.連結対象に入っていなかった運用会社・特別目的会社(投資ファンドなど)の開示基準を改善すること

今年中に実施することは
1.国際展開する金融機関ごとに共同監視チームを設置する(健全性、資金繰りの監視)。日本の3つのメガバンクも入る。
2.格付け会社は複雑な証券化商品と一般の社債などの債権に格付けに違いをもうけるようにすること。(ようするに別カテゴリーで格付けして評価の混乱がまともな債券市場に及ばないようにする)

これらの処方箋は即効性はないだろう。実施する上での問題点は大きい。
各国ごとに監督・検査基準は異なるので、どこまで機能するか疑問。開示・損失の確定をしようとしても証券化商品には今市場で値がつかないので出来ない。
損失を確定して早期に償却しなさいといっても、損を沢山出しなさいということだから、自己資本の健全性は両立するのは難しい。今回は公的資金の導入は見送られている。オイルマネーに依存するのかも知れない。

株・為替の反応は今回のG7がおこなた対応についてそう高い評価を下さないだろう。
今週の株・為替の反応は注目しなけりゃならないが、まあ、いい反応はしないだろう。金融市場の混乱はまだまだ続く。

現在の所、サブプライムローンの損失が円換算で一兆円を越えたところは、7つある。最高はスイスのUBSの3兆7400億円、2番目がアメリカのCITI、3番目はメリルリンチ。
4月16日以降、アメリカの1-3月期の決算が発表されて来て、(損失の)増額修正が続出するするだろう。

日本はサブプライムローン問題の影響は軽微だろうといわれていたが、先週みずほフィナンシャルグループがサブプライムローン関連で5600億円の損失を出したと発表した。最終的には利益を出すようだが。
他にも損失をだすところが現に出てきている。日本でもその打撃の影響は少なくない。

アメリカの住宅価格は下げ止まってて以内ので、どこまでという限界は見えていない。損失が2~3000億ドルを越えるという全体金額もさることながら、不安感・不透明感が長引く事は実体経済にも影響するので注目しておかなくてはならない。


2008年 4月 14日 月曜日 評論家 鈴田敦之(すずた・あつゆき):G7の金融危機処方箋


編者感想:アメリカの住宅価格は何処まで下がるのか。暴落の基準となる「半値八掛け二割引」= 0.5X0.8X(1.0-0.2) = 0.32 つまりピーク値の1/3を目安とすると、アメリカの住宅価格の下落グラフを大雑把に外挿すると1年から2年後にその値に達することになる(S&P/Case-Shiller Home Price Indices )。現在は下り坂のちょうど中間点に相当している。それまでガマン(ダメージコントロール)しつつ、体質改善と新たな価値を創出する努力・研究にいそしむことになるのか。それって失業中の自分のこと?(笑)

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。