スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水谷研治(みずたに・けんじ):政府による景気の下支え 2008/4/25

この4月から水谷研治さんは中京大学から東京福祉大学に所属が変りました。(山下アンカー)

少しづづだが景気が悪くなってきた。政府は期待を込めて「踊り場」と景気状況を判断しているが、下がってくるのではないかと思う。

サブプライムローン問題でアメリカ景気が下がり、日本にも輸出に響いてきて頭打ちになってくる、ドル安円高も進んだので輸出産業にもマイナスになてくる。
輸出は景気を支えて押し上げてくれた。じゃあ輸出が翳ってきたらどうしても景気が悪くなる。今まで良かった地域・業界も悪くなり、悪いところは悪いまま。困った。

困っているところはほんとに困っている。細かいところを言えば、後期高齢者医療制度で年金から保険料を引き落とされること。決まっていたとはいえ、乏しい年金がさらに減る。社会全体としてはたいした事(負担増)は無いとはいえ、マイナスになる人(年金受給者)がいる。
そこで、きめ細かい施策を政府に求めてマイナスになって痛い思いをしている人を救うべきだと思うのは誰もが考えること。それは最終的には役所で何とかして欲しいという事になり、対応しようとすると役人の数をふやさなくてはならなくなる。多くの役人は一生懸命やっている。

あまり細かくやると経済活動が麻痺してしまう。たとえば去年、建築基準法を改正して細かく規制するようになった。そしたら建築(の手続き)が(スムーズに)出来なくなった。本当は「きめ細かく」ではなく「大きな動きで」景気を下支えする・押し上げる政策が求められる。

どうやったら景気が良くなるか。それは政府の出番。政府は金融政策財政政策景気対策をする。ところが、金融政策は力が無い。日本中でお金が余っていてお金を借りてくれない。金利はもう下げられないくらい低い。お金を供給しても使ってくれない。日銀総裁の問題ではない。
それに比べると財政政策は力がある。しかし財政赤字で、減税・公共投資はできない。そういうわけで政府の政策では景気対策が出来ない

政府は目先のことをやる余裕はない。従って国家百年の計を考えてやって欲しい。
目先のこと、周りのこと、景気のことについてももはや政府にお願いすることは出来なくなっている。

我々は今まで政府に頼んで景気を良くして貰っていた。政府はお金が無いので(赤字国債という)借金をして(公共投資などをして)景気を良くして来た。その繰り返しだった。

我々は今まで国・県・市町村に対して甘えていた。しかしもうこれからはそうはいかない。景気が悪くなっても個人が、企業がそれぞれで対応しなくてはならない。


2008年 4月 25日 木曜日 東京福祉大学大学院教授 水谷研治(みずたに・けんじ):政府による景気の下支え


編者感想:政府に力が無いというならせめて消費税・税金・社会保険料を下げられないものか。取れるところから取るだけとって、「今まで必要なところに回しています(でも救うべき人の対応は出来ません)」「お役人さんは相変わらず(役所のルールのみに従って市民のほうは顔を向けず)一生懸命やっています(窓口対応などで市民にぞんざいな対応をするのはその結果です)」というのは納得できない。私は、政府が無力だから期待すべきでない、という話には乗れない。景気が悪くなれば否応なく個人や企業がそれぞれ対応しており、国・地方自治体はそれぞれのレベルで対策を考えている。もし国にその対策が無いのなら「国家百年の計」なんてことは政策研究の専門家にまかせて、国民は景気対策から目をそらさずに衆議院の解散・総選挙を要求すべきだろう。今日の日があるのは小泉政権から現政権まで続くこの改革路線の結果で、過去の選挙で政権を選択した国民の責任なのだから。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。