スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴田敦之(すずた・あつゆき):オリンピックで消費は盛り上がるか 2008/5/12

オリンピックは4年に一度の国際的大イベント。今回は地理的にも近い北京で行なわれるので(日本の景気に好影響を及ぼすのではないかと)関心が高い。
政府は景気を一進一退と表現しているが、3月の景気動向指数によると景気の先行指標・一致指標・遅行指標がそろって50%を割り込んだ。50%以下だと景気が悪い。速報段階とはいえ、3つの指標そろって50%をきったのは6年3ヶ月ぶり。景気は曲がり角にきていると私は見ている。

個人消費だけが底硬いといわれている。それが今後オリンピックでどうなるか。
民間のシンクタンクは前回のアテネオリンピックよりは盛り上がりは少ないだろうと見ている。アテネの時には金メダルが16個と予想以上だったので盛り上がった。7~9月の消費押し上げ効果は約4千500億円あった。それに対して北京では3千400億円~4千億円がいいところか。予測はその辺が多い。
テレビ・デジカメなど家電製品の動向は半導体需要から予想される。シリコンサイクルは4年周期で、オリンピックの年に盛り上がるということで一緒だった。しかし、今年は動きが鈍く盛り上がっていない。
電子情報技術産業協会がまとめた電子部品の世界出荷額は1月には前年同月比で1%減と3年ぶりのマイナスとなった。2月も4%減で、オリンピックの年としては異常な低さ。先のマクロな景気予測を裏付けているようだ。

背景には生活必需品の値上がりがある。これは原油価格の値上がりと食料品価格の値上がりから来ている。しかもそれをうけて今年の賃上げは低かった。だから家計はきびしさをましていて消費マインドの減退・節約ムードの高まりがみられる。

企業が財布を締めている。3月期の決算を相次いで発表しているが、今期つまり来年の3月期の決算は減益と見ているところが多い。企業はこれからボーナスをおさえようとする姿勢が見える。

チベット問題が尾をひいているという話や、テレビなどに関しては値下がりがつついているのでもう少し安くなるまで買い控えという動きもある。

アメリカでは住宅価格が下がっていて、住宅価格の上昇分を担保に金を借りた「ホーム・エクイティ・ローン」というのが出来なくなっている。借金で消費を積み上げることが出来なくなっている。アメリカのTVコマーシャルで「もっと節約してよい暮らしを」といったフレーズが流れさて話題になっている。これは安売りを看板に掲げたスーパーの広告。消費不振が深刻なようだ。

日本はオリンピックは景気の盛り上がりが少ないだろうがその分オリンビック後の落ち込みも少ないだろう。むしろ、物価上昇の影響と消費者心理の行方が今年の後半問題になる。

アメリカはサブプライムローンの底入れがいつになるのか、これが最大の問題。私は長引くのではないかと思う。

中国はインフレが激しく、金融引締めをやっている。オリンピック後の景気は若干落ちるだろうと見られている。中国でのオリンピックでGDPをどれだけ押し上げたかというと、0.4から0.5%でたいした事は無い。日本や韓国のようにオリンピック後に不況がやってきたという事は多分無い。中国のGDPで北京の占める割合は4%程度。日本は東京のGDPに占める割合が20%あった。そこで建設需要が落ちると日本全体にがたっと響いた。中国では全体で見るとそんなに影響は出てこないと思う。

中国の景気が落ちないとなれば日本の輸出はそう大きな影響を受けずにすむかもしれない。これはプラスとおもわれる。


2008年 5月 12日 月曜日 評論家 鈴田敦之(すずた・あつゆき):オリンピックで消費は盛り上がるか


編者感想:企業は派遣やパートで労働コストをいいかげん下げているのに、ボーナスまで削ろうとしていのか(もっとも失業中の私はもともと無いが)。頼みの個人消費が消えてしまう。アメリカみたいに借金までして消費を盛り上げる必要は無いが、あまり長く続くようだと悪いムードに日本全体が包まれるようで心配だ。
グローバル経済のルールに従った輸出頼みで景気を浮揚させる発想をきりかえて、日本経済自身で自分を潤すことができるような経済システム(要するに内需と内需拡大の仕組み)を作るようにはならないものだろうか。外国からグローバル化どうこう言ってきたらお付き合い程度にしておいて、肝心の自国が自分の足で立てるようにしないといけないんじゃないか?輸出先の国の景気で自分の国の景気が左右されることは、グローバル経済のルールが日本に適用されているということなのか。なんだか、国も企業も自国の日本を大事にする気持ちと知恵がたりないんじゃないか?

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。