スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関志雄(かん・しゆう):加速する人民元の切り上げ その背景と日中経済への影響 2008/5/15

2005年の7月に人民元がドル連動制(ドルペック制)から簡易変動性へと移行した。その後元はドルに対して上昇傾向をたどっている。
簡易変動性へと移行したとはいえ、為替政策の重点は変動よりも管理におかれていた。このため為替レートは単に市場の需給関係だけではく通貨当局のスタンスにも左右されている。

急激な元高に伴う輸出や雇用への悪影響を懸念する当局は、ドル買い人民元買いで介入することにより何とか切り上げのペースをおさえようとしてきた。
こうした為替介入に伴う通貨供給量の拡大はインフレに拍車をかけている。今年の2月以来消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年比8%を越えている。これをおさえるのが中国の重要課題になっている。こうしたインフレ抑えるために当局が元高を容認するようになった。
    人民元の切り上げによってインフレを抑えていくとは次の3つの作用による。
  1. 原油など輸入に依存している資源の価格がドル建てで急騰しているが、人民元がドルに対して上昇すれば人民元で換算すれば値上がり幅が抑えられる。
  2. 他の通貨に対して安くなっているドルの安定にこだわれば日本やヨーロッパからの輸入品の価格が高くなる。人民元が対ドルで上昇するとドル安に起因するインフレ圧力が幾分緩和されれる。
  3. 人民元の切り上げ幅と為替市場への介入規模はトレードオフ関係にある。元高を容認すればそれだけ市場介入する規模が減少し、それにより貨幣供給量の上昇に歯止めがかかる。

インフレを抑えるために当局は利上げをはじめとする金融引締め政策を取ってきた。世界中が低金利の時に金利が高いと中国に大量の資金が流れ込み、その結果(通貨)流動性が抑えられるどころか逆にいっそう膨張する。そこで当局は利上げでなく元切り上げを重視するようになった。

人民元の切り上げは中国経済にインフレ抑制の効果が期待される一方で経済成長率にはマイナスである。中国の輸出の伸びは抑えられる。輸入は増えるが物価の低下にともない国民の実質賃金の上昇により消費が増えると思う。

人民元高は外需主導型成長から内需主導型成長への転換のきっかけになると思う。

数年前、中国脅威論が盛んだった頃、日本とアメリカは同調して中国に対して人民元の切り上げを求めた。しかし、元高の恩恵を受けるのは中国と競争しなければならない企業か一部の産業か、中国で現地生産・現地販売をしている企業だけ。中国で生産し日本や第三国に輸出する多くの日系企業にとっては元高は国際競争力の低下を意味する。

人民元切り上げによる日本産業全体への影響は、日本政府の期待に反してむしろマイナスではないか。さらに日本の消費者にとって中国製品が高くなるより安いほうが良いに決まっているので、元高が日本のためにならないのは明らかだと思う。


2008年 5月 15日 木曜日 関志雄(かん・しゆう):加速する人民元の切り上げ その背景と日中経済への影響


編者感想:円が固定相場制から変動相場制になって外国の通貨に対して大きな変動を繰り返してきた。その荒波を技術革新や経営努力によって日本企業は乗り越えてきた。それが日本の経済を評論する人々一般の日本経済への評価だとおもう。それって内需主導(消費者重視ともいえる)の経済へと転換する努力を無視し、馬鹿の一つ覚えともいえる輸出依存・外需主導型成長を信仰のようにもちつづけてきただけのことではないかと思う。
中国は人口も国土も大きな国だから、この人民元高をきっかけに内需主導型成長へと転換すると長く繁栄する時代に入るではなかろうか。
日本は明治維新より今日まで全体としてみると輸出を重視した政策の方を優先して取っていたと思う。円の変動相場制移行が内需主導型成長への転換のチャンスだったがそれを逃した。中国は日本の過去を「他山の石」と見て欲しい。








テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。