スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺島実郎(てらしま・じつろう):中国をどう考えどう向き合うか 2008/5/16

胡錦濤総書記訪日、中国四川省大地震、北京オリンピック・チベット問題などがあり大きな転機に来ている。

21世紀に入って中国の経済の飛躍は大変なものだった。この7年で中国のGDPが2倍になった。昨年は名目GDPではドイツに並んだ。今年はドイツを追い越して日本のすぐ後ろ、世界第三位になるのではないかと見ていた。

ところがここのところ中国が抱えている「もろさ」と「ひずみ」を見せ付けられている。チベット問題では少数民族に対する中国のスタンス・閉ざされた国という印象で何やら見えない。今回の地震では住環境の劣悪さも見られた。

社会主義的市場経済、コントロールされた市場経済、理論的にそんなことあるのかと我々はよく話題にしていた。中国は弱点を覆い隠しながら政府がうまくコントロールして市場経済を展開することで今まで成功してきたと思う。

ソ連が崩壊する5年前の1986年、チェルノブイリ原子力発電所の事故があって、この情報の管理を巡ってソ連の限界・問題点があふれ出てきて、その後(社会主義コントロールと対極にある)情報公開という言葉さえ出てきた。ソ連崩壊の引き金をチェルノブイリの事故が引いてしまった。
中国政府は(チェルノブイリの事故のような)大災害に対してどう対応するのか、特に国際社会との対応をとても気にしている。そんなソ連崩壊の教訓を中国の人と議論していて感ずることがある。

1997年に江沢民主席が訪日して歴史認識、日本の戦前の責任を問いただすメッセージを発信して、日本人にも反日的な空気を感じた。その反動で「中国になめられてたまるか」という空気が出てきて、当時の小泉首相の靖国問題を大きくしてしまった。そこから日中関係が冷え込んできた。

胡錦濤さんは若いとき共産主義青年団の責任者として日本に何度も来ている経験がある。日本に対するイメージが明らかに良い。日本のODAに対して中国の近代化を
支えてくれたと感謝のメッセージを発していた。中国の指導者で、日本が中国のODAで協力してきたことに対して発言して感謝した人は私は記憶にない。今までとは大きく違う、それが未来志向の戦略的互恵関係に大きなプラスになってくれればいいと思う。

日本人はとかくチベット問題、ギョウザ問題、東シナ海のガス田問題など、じりじりするような苛立ちを中国に感じている人が多い。ここで、腹をくくって、中国に対して日本人としてどう向き合うかを考えなくてはならない。それは、中国を国際社会のルールに引き込んで、国際社会の建設的な参画者になってもらうようにすること、それが日本の最大の国益になる。

胡錦濤さんが、環境の問題で、日本の主張している(産業)セクタ別(排出量削減)アプローチに理解を示すと発言したのは大きな意味があったと思う。また、知財権の問題で、コピー品をつくることについて国際社会のルールに従ってもらう必要がある。そういう意味で、細かい問題はあるだろうが、日本人はこの国(中国)を長い目で見て国際社会のルールに従う国にするように付き合うことが基本スタンスだと思う。


2008年 5月 16日 金曜日 財団法人日本総合研究所会長 寺島実郎(てらしま・じつろう):中国をどう考えどう向き合うか


編者感想:四川省の大地震には驚いた。中国西部はプレートテクトニクスの理屈で言うとインドとユーラシアの大陸プレートがぶつかっているところというわけか。
確かに日本人としては細かい問題に気をとられずに中国と向き合うべきだろう。その意味でも、ギョウザ・チベット・ガス田のニュースのほかに中国と日本のちょっといい話を探し出して報道してもらいたいものだ。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。