スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸富徹(もろとみ・とおる):福田ビジョンに期待されるもの 2008/5/20

6月はじめに温室効果ガス排出削減に関する日本の方針が福田総理大臣から発表されるといわれています。その内容は?(山下アンカー)

これまで2050年頃に向けて温室効果ガスを減らす中長期目標を明らかにしていなかったので、報道によると「福田ビジョン」と言う文章はサミットに向けて長期目標を明らかにするという目的をもっている、といわれている。
具体的には2050年に60~80%を現状から削減するということが打ち出されている。そのために国内の(温室効果ガス)排出量取引制度を入れるかどうかの文言がはいるか注目されている。

6月下旬に発表が予定されている「福田ビジョン」にはどんな背景があるのでしょうか?(山下アンカー)

7月に洞爺湖サミットが予定されていて、日本は議長国として議事をまとめていかなくてはならない。リーダーシップを発揮するためにも日本が率先して排出削減目標を掲げる必要があった。そのぎりぎりのタイミングが6月下旬になる。
なぜ、60~80%削減なのかというと、ITCCが2050年までに温室効果ガスを半減しなくてはならないと警告していて、この数字を基にして国際合意を取り付けようとすると、発展途上国の工業化で排出量が伸びて行くので先進国はその分も減らさなくてはならなくなり、それで60から80%削減という数字が出てきた。
非常に(実現するのは)厳しく、実現可能なのかと言う数字。

 [-ここで関東地方では大雨と強風による交通機関への影響について放送が入り中断する。-]

そのままの状態では議長国としてサミットで、世界でこうしましょうと提案しても「じゃあ日本はどうなんですか」と問われたときあいまいにならないように具体的な数字を発表することにした。そうすればリーダーシップを発揮しやすくなる。
さらに、それを実現するために排出量を確実にコントロールできる国内排出量取引というような制度の導入が不可避になる。ただ、経済界の反対が極めて強い。

野心的な福田ビジョンには経済界からはあまり大きな反対や大きなコメントが出ていない。静観している。それは、経済界の人達が、福田ビジョンが2050年というかなり遠い先の目標を掲げた理念的なもので、今すぐ我々を縛るものではないと考えているからではないか、と私は思う。
但し、2050年に60~80%減らすためには、2020年2030年頃には中期目標が考えられるが、この点については福田ビジョンには含まれないとされている。それで経済界の人々は楽観しているのではないか。

より現実的に温室効果ガス排出削減を実施するために中期目標が設定できるかどうかが問題になってくる。

 [-ここで関東地方では大雨と強風による交通機関への影響について放送が入り中断する。-]

政府部内では、この60%~80%削減という数字を入れるために調整が行なわれているといわれている。


2008年 5月 20日 火曜日 京都大学大学院経済学研究科准教授 諸富徹(もろとみ・とおる):福田ビジョンに期待されるもの


編者感想:温室効果ガスの排出量算定はどうやるんだろうか?セクタ別(業界別)で削減目標を立てるんだろうか?どうやって、何を持って排出量算定や削減目標の公平性を国民的に合意するんだろうか?洞爺湖サミットまであと数ヶ月だが、日本国内で具体的な削減目標の議論の無いまま一気に数値までまとめるのは無理なんじゃないかな。
「サミットでもこんなふうに決まったから、これで行ってよ」と政府から発表して引っ張っていく気だろうか。なんだかすっきりしないまま結構大事なことが決まっていってるように思える。






テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

温室効果ガスの排出量算定は高校レベルの化学、生物学の知識があれば大体のところは計算できると思います。
ガスの場合
http://diary.jp.aol.com/applet/dypyafd/976/trackback
ガソリンの場合
http://diary.jp.aol.com/applet/dypyafd/967/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/dypyafd/968/trackback

また数値は出すと非常に効果があると思います。「減らしましょう」ではなく「何%減らします」でないと、うまく行かないのは経験済み。

高校で化学を選択してました、化学の燃焼式おもいだしました

東京住まいの夫婦と子供2人の合計4人一家の我が家(マンション住まい)について
4月の電気とガスの消費量から排出されたCO2を計算してみました。
東京電力の使用料お知らせの裏についている「CO2チェックシート」の換算値によると
 電気:東京電力30A契約 293Kwh => 293 x 0.34 = 99.62 Kg
 ガス:東京ガス都市ガス13A 37m^3 => 37 x 2.28 = 84.36 Kg
ひと月に 183.98Kg もCO2を出していたのか。へえー
ホームページで調べたら、我が家は電気もガスも大体平均家庭の消費量でした。

温室効果ガスは水蒸気、対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどがあるそうで、一番影響の大きいのは水蒸気だけど、これは排出削減しないとか。で、今回のサミットではCO2についてだけ削減するようです。ちょっとは涼しくなるかな?

私の場合プロパン使用で1月当たり6.3m^3。都市ガスとでは燃焼効率が違いますがCO2量で844molとなります。 ニタリクジラさんはCO2量で84.36Kgだとすると、1917mol。 一人住まいの私が平均的な4人暮らしの半分近く(44%)もガス使用でCO2を排出している計算になるので、私は平均消費量より多く排出していることになります。 更なる努力が必要ですね。 m(_ _;;m

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。