スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺島実郎(てらしま・じつろう):食料自給率と環境 2008/6/13

環境・食料・エネルギーの相関関係の中で世界がどう進むのか、パラダイム転換が迫っていると思う。

先週の食料サミットで印象深かったのは「去年まで、日本は世界最大の食料純輸入国で、我々は世界から食料を買ってやっているんだ」というバーゲニング・パワーというポジティブな文脈で使われていた。ところが食料高騰と飢餓・食糧不足の中で世界の意識は反転し、日本のことを「食料の輸入が世界一」を誇りにしているような愚かな国と思われるようになった。

日本の食利用自給率はカロリーベースで39%。日本は戦後の高度経済成長の中で、食料・石油(エネルギー)は効率的に海外から買ってきたほうが得で、鉄鋼や機械などの外貨を稼ぐ産業を育てるべきだという国を作ってきた。1965年に日本の食料自給率は73%だという数字が残っている。それが今日39%まで下げてきている。
    日本を除く先進国の食料自給率
  • 英国 74%(日本を除いて一番低い)
  • ドイツ 84%
  • フランス 122%(農業大国で食料を輸出している)
  • アメリカ 128%(農業大国で食料を輸出している)

    食料自給率を高めることによって環境・エネルギー問題に立ち向かうことが出来るロジックは
  • 輸入する食糧は、運ぶことによるCO2の排出・エネルギーの消費がおおい。(中国産の食料より国内産のものはCO2の排出が約半分)
  • 農地を使うことによりCO2を吸収する。有機肥料などを入れて生産すると耕作放棄地にくらべて倍ぐらいCO2を吸収する。

今の日本の農業人口は4.4%。株式会社農業農業生産法人などの組織・システムで農業を支えていくという方針をはっきりさせ、農業人口を増やす。また、都会と農村をリンクさせる。都会で働いてマーケティングや経理能力のあるサラリーマンが組織として参画して農業を支える。

高級な果物や米は中国・ロシアなどに輸出して売れる。いまやその額は4200億円。その流れを農業生産法人のような形で支えていくことをすれば日本の農業はたくましくなる。産業力・技術を生かしきった、技術を投入した農業が今後重要になってくる。例えば太陽光やITの技術で農業を支えるとか。

今までの我々の発想を反転させていかなければならない時代がきたと思っている。


2008年 6月 13日 金曜日 財団法人日本総合研究所会長 寺島実郎(てらしま・じつろう):食料自給率環境


編者感想: 今まで私の知っている農業生産法人は、雇われて働いている従業員の意識が非常に高いので逆に運営が難くなることも多かった。法人の代表と従業員が農業の哲学で意見が対立するとか。結構人間くさいところがあるのでそう簡単に農業生産法人が増えるとは思えない。
 いっそのこと、CO2排出とエネルギー消費の多い鉄鋼・機械・電力会社が子会社として農業生産法人を設立し、社内から人を募ったり定年前後の受け入れ先にしたり外から募集したりして運営してはどうだろうか。おおきな会社は人材も豊富でかつ才能(技術・経理などの)を発揮できていない人はたくさんいるのでうまくいくんじゃないかと思う。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ニタリクジラさま

食と農、環境に関わる提言として、ネットで見つけました。下記も一つの参考になるかと思います。
http://www.jcp.or.jp/seisaku/2008/20080307_nougyou_saisei.html

てるてるぼうず様 教えていただき有り難うございます。
生産者米価の維持に着いては日本共産党も政府と同じ方向の考え方を持っているのが興味深いです。
違うところもありますが、意外なほど自民党と日本共産党の農業政策は似ていることに気づかされました。

でもこれだと消費者米価は下がらないし、従って国際競争力の点では今ひとつだと思います。

山下仁人氏が話しているように、価格は市場にまかせて、農産物に対する生産コストを補填するほうが良いように思います。

物事を考える上で立場を同じくしない組織の提案・意見を見聞きすることはすこぶる有用なことですので、また別の見方や価値観を教えていただけるととても嬉しいです。

ニタリさんがおっしゃるように、意外と自民党(言っていることとやっていることは別かな?)と共産党が似ているところがあると思うことがあります。
山下一仁さんのお考えをもっと知りたいと思い、図書館で『国民と消費者重視の農政改革』(2004.8.東洋経済新報社)を借りて読み始めたところです。

因みに、私は大阪在住の都市消費者ですが、お米が“高い”と思ったことはない(よく買う菓子パンやミネラル水の方がうんと高い気がします・・・)のですが、皆さんはどうなのでしょうか?

それより、なぜ日本は作れるお米を減反して、その米を輸入しているのかが疑問で仕方がありません。不思議でなりません。

PS.私は50歳になったサラリーマンですが、まだまだこれから勉強しないと・・・、判らないことばかりと・・・、朝のNHKラジオとニタリさんの速記を見聞きしているところです。
FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。