スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治大学教授 高木勝(たかぎ・まさる):食糧危機を考える 2008/6/16

現在、世界は食糧危機に直面しているといっていいと思う。
需給逼迫により食糧不足が起こっていて、同時に食料価格が高騰している。

新興国の急成長・途上国の人口増加で食料需要は増えている。一方、供給サイドは地球温暖化で食糧生産量は頭打ち。

世界全体では8億5千万人が栄養不足、毎日2万4千人が餓死している。途上国の都市の貧困層を中心に暴動も起きている。
穀物市場へ投機マネーが流入し、価格が上がる。石油価格が上昇し、生産コスト・流通コストも上昇している。(国内の食料供給を安定させるため)輸出規制をしている国も多い。

今後も食糧危機は続く、構造的なものではないかと見ている。
    今月の3から5日ローマでFAOが主催した食料サミットが開かれた。その中で以下のようなことが話された
  • 途上国への援助を拡大していこう
  • 農家を支援していこう
  • 輸出規制を最小なものにしていこう
  • 能器用生産性・農業生産力を拡大する
  • 地球温暖化への(農産物の)耐性強化を図る
  • 増産に向けた農業投資を加速する
  • 食料の自由化
  • 食糧危機の管理体制強化

バイオエタノール燃料の問題と輸出規制については各国の対立も見られた
輸出規制を擁護するのは主に農業生産国

洞爺湖サミットでも食糧危機問題は非常におおきなテーマになる。日本は議長国なのでリーダーシップを発揮するためには、もっと食料緊急援助を拡大する必要があると思う。
5千万ドルの拠出では不足だ。

バイオ燃料の原料は(トウモロコシなどではなく)稲藁や廃材に限定すべきで、ブラジルやアメリカにはそのこを強く働きかけていくべきではないか。

輸出規制は保護貿易そのものだからGATTの貿易自由化の精神に反する。自国中心主義ではなく国際協調のスタンスを福田首相は示すべきだと思う。

最後に日本国内の農業政策についてはどのようにお考えでしょうか?(山下アナウンサー)

食料の自給率を引き上げるべき。カロリーベースで現在の自給率は39%と大変低い。驚くことに過去の日本で1960年には79%だった。1985年でも53%。時間と共にどんどん食糧自給率は下がっている。

自給率を上げるには農業生産の拡大が必要。農地の集約化・大規模化農業投資の拡大・機械化・ハイテク化・株式会社化をするひつようがある。
現在、米は自給率95%だが、小麦は14%、ダイズは5%。1960年当時は小麦は39%、ダイズも28%。
これからは米の減反政策は進める必要があるが、小麦やダイズの自給率を高める必要がある。

価格安定のため短期的には輸入関税を引き下げることも必要。




編者感想:これまで多くの日本人が国の経済活動として合意してきた「食料の安全供給を無視して加工組み立て工業に集中し、物を作って海外に売り稼いだ金で食料を買う」という思想は変ろうとしているのか? 農業生産国が輸出規制をしているということは、もう一段階進めば食料を輸出しなくなるということになる。このまま変らなければ食料安全保障が不安定な状態に陥るのは目に見えているのだが、どうなるのだろうか? おなかがすいたからって自動車や家電を食べるわけには行かない。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

911はユダヤ秘密結社の犯行だ

911の嘘をくずせ(『Loose Change 2nd edition』の日本語版)
http://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095&hl=en
ベンジャミン・フルフォード氏の「911、6年目の真実」
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=591811

出典
http://www.anti-rothschild.net/link/animation.html
同志よ、この情報をいろんな掲示板に張付けてくれ
FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。