スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石真澄(しらいし・ますみ):農業ビジネスへの民間参入 2008/6/18

最近では中小企業や新興企業が農業ビジネスに参入していますが、その背景にはどんなことがあるのでしょうか?(山下アナウンサー)
    3つほど挙げられる。
  • 食に対する安全意識の高まりがあり、生産や流通をする上での改革が行なわれてスピーディに安全に消費者の元へ届けられるようになった。
  • 個々数ヶ月、トウモロコシ、小麦の価格が上がって国産の農産物に対する需要が拡大してきた。価格もどんどん高くなってきていて、国内の成長分野として捉えられるようになってきた。
  • 2005年から企業へ農地リースする方式が全国で実施されるになった。これにより株式会社の農業への参入が始まった。

農水省の統計によると農業生産法人は全国で9466ある。そのうち385が株式会社。385のうち256の法人がリース方式で参入している。
農地法により、農家以外の農地取得を厳しく制限する構造に変りは無いが、農地リースする方式に多くの企業が注目している。

日本の農業従事者数のピークは昭和35年だった。1450万人いた。これが昨年は312万人になり、全体の6割が65歳以上になっている。新たに農業に参入してくる人口は毎年7万5千人で、比較的若い35歳以下の人は1万人。

耕作放棄地は全国に38万ha(東京ドーム8万個に相当)ある。政府は「ほねぶとの方針」で今後5年間で耕作放棄地をゼロにするといっているが...。

企業の具体的な動きとしてはどんなものがあるのでしょうか?(山下アナウンサー)

土にこだわり大学と共同研究している。コンピューター制御されたハウス栽培。衛生管理、端境期の出荷が可能。
農業に参入する個々の企業を金融支援する企業も出てきた。年間20億円の農業ファンド。
香川県の地元の調味料メーカーが遊休地を借りてオリーブ生産に参入。オリーブを使った加工品の生産。観光農園。
新潟県の中山間農地はでは建設会社がハウスを使って地元特産のナス、ブルーベリーの生産に取り組む。

今後の課題としてどういう展開が望まれますか?(山下アナウンサー)

リース方式により企業が参入するハードルは下がったといえるが、現在、農業経営単独で利益を出しているのは参入した株式会社の1割にも満たない。まだまだ企業経営だけで日本の農業を変えるというのは難しいと思う。

企業単独でやっていくのは難しい。複数の自治体で支援して土地を貸す地主と企業の間に入って支援することが必要ではないか。

「企業のノウハウ」、「従来の農業の知恵」、「地域社会の支援」が一体となってこれからの農業を支えていく機運をまず作っていくべきではないかと思う。




編者感想:  農業ビジネスへの株式会社の参入は耳にすることはある。メーカーなら良く分かっているように、野菜や穀物などの単価が安い品物を生産する場合は徹底的なコストダウンを図る必要がある。当然ベンチャー企業は単価の安さから参入できない。農業ビジネスに参入して、利益を出している株式会社があるというがそれはおどろきだ。どうやっているんだろう?  
 あらたな日本の農業をになっていく形態として株式会社も一つの選択肢になればいいと思う。ただし、株式会社は利益優先であることは論を待たない。食品偽装が後を絶たないこのご時世に、株式会社が農業生産者として認められるだろうか(認められるようになって欲しいと思うけど)。

今日はなぜか当ブログのアクセス数が多い。どうしたんだろう?何かに紹介されたのかな。

テーマ : ビジネス展望
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター 2008/3/24~
プロフィール
当ブログの編集者は東京都在住40代後半男性(現在失業中)です。就職したら頻繁には更新しなくなるかもしれません。

ニタリクジラ

Author:ニタリクジラ
写真上のプロフィールを編集できないのでそのままです。派遣やバイトでつないでいますが、状況としては変わっています。
また形式を変えてはじめます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。